メルヴェイユ仙台メルヴェイユ仙台

022-342-1502 お問い合わせ
メルヴェイユについて
メルヴェイユについて

メルヴェイユについて

メルヴェイユ

自分らしく生活していますか?
思いは伝えられていますか?
創の会(メルヴェイユ仙台)は、個々の想いを尊重し、仲間とともに協力し合い、お菓子作りをはじめ本人に添った様々な創造(活動)をする事業所です。温かい安らぎを感じる場所、こころの通い合う場所を目指します。

作業活動

菓子製造・販売(店舗販売)のみならず地域でのイベント、公共施設での出店・販売に 計画的に参加します。
担当職員を中心として魅力ある製品を考えます。

1日の流れ

9:45
衛生チェック
出勤、衛生チェック
10:00
朝礼
【厨房】衛生管理マニュアルに沿った「衛生チェック」を受け作業開始
【店舗】店舗内外清掃、製品の陳列及び補充
【軽作業班】本日の作業内容、手順等の説明を受け午前の部開始
11:00
店舗開店
店舗開店
12:00
昼食休憩
13:05
ラジオ体操
ラジオ体操
13:15
作業
各班午後の作業開始
15:00
休憩
15:20
片づけ・掃除片づけ・掃除
片づけ・掃除
15:45
終礼
終礼
1日の反省・翌日の活動について
16:00
退勤

(※作業中、随時休憩を取ります)

地域とのつながり

障害者の日中活動、就労の場としての拠点を目指し、地域に開かれた事業所としての理解と協力を得られるように努めます。そのために菓子製造販売の活動促進や見学者、実習生の積極的な受け入れに対応していきます。

利用者の援助内容

体力の増進と心の安定を図り、自立した生活が送れるように支援します。
日常生活を送る上で必要な社会的ルールの習得や対人関係の調整等の支援・援助に努めます。利用者ひとり一人の障害・状況など適正に配慮し、本人の能力と働く意欲を尊重し、 工賃向上につながる作業の確保や生産に努めます。

メルヴェイユ仙台利用申し込み(申し込みから利用開始までの流れ)

メルヴェイユ仙台をご利用される場合のお問い合わせから利用開始までの流れになります。 ご利用に関するお問い合わせは、TEL:022-342-1502、または、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

step01
問合せ
step02
面談(相談)見学
step03
体験/実習
step04
重要事項説明
step05
利用契約・利用開始

会員の募集:会員の内容・登録のお願い

メルヴェイユ仙台では、当会の事業・活動にご賛同下さる団体、企業、個人の方を募集しております。

◆ 正会員 年会費1口 3,000円
法人の事業・活動に賛同下さる方(総会における議決権があります)
◆ 賛助会員 年会費1口 2,000円
事業を賛助するために入会して下さる方
◆ 団体会員 年会費1口 5,000円
事業を賛助するために入会して下さる団体または企業の方

法人概要

法人理念

障害のある人、保護者、職員の物心両面における幸福を追求し、障害のある人の社会進出に貢献すること。

事業方針

法人の経営理念、及び社会福祉法、障害者総合支援法等の理念、法令等厳守し、障害のある人とその家族に対して、住み慣れた地域で当たり前に生活することが出来る様に支援するとともに、障害者ひとり一人のニーズに寄り添った障害者福祉サービスを行う。また、利用者の個性や障害者特性に配慮した事業運営に努める。

利用者定員

就労継続支援B型 20名

職員体制

◆ 管理者   1名
◆ 生活支援員 3名(主任1名兼務)
◆ 職業指導員 3名(副主任1名兼務、工賃目標達成指導員1名兼務)

沿革

平成27年1月 特定非営利活動法人創の会 設立
平成27年2月 特定非営利活動法人創の会 法人登記
仙台市事業申請
平成27年4月 仙台市青葉区上杉にて事業 開始
平成27年7月 仙台市泉区山の寺に軽作業所 開設
平成28年2月 仙台市青葉区柏木に新事業所建設 開始
平成28年4月 仙台市青葉区柏木にて就労移行支援、就労継続支援B型を統一拠点としてスタート
平成29年5月 地域情報紙配布を社会活動として取り入れる
令和元年12月 (株)生活品質科学研究所の指導により衛生管理マニュアル作成のモデル事業所となる。
令和2年1月 HACCPに準じた衛生管理をスタート
令和2年2月 宮城県食品衛生ロールモデル事業報告会にてマニュアル作成の意義と衛生管理について管理者発表
令和2年4月 新食品表示法導入
  • 店舗案内
  • 採用情報
  • 情報公開